20191117パリデモ



「黄ベスト」発生から1年、パリなどでデモ隊と警官隊が衝突

【AFP=時事】フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領の政策に抗議する「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト、gilets jaunes)」運動の発生から1年の節目を翌日に控えた16日、パリなどでデモ隊と警官隊が衝突した。

2018年11月17日に行われ、28万2000人が参加した最初の大規模デモから1年がたったが、運動が依然として勢力を保っていることを示すためフランス各地で集会が行われ、衝突が発生した。黄ベスト運動の背景には、フランスの庶民の要求に応えることができないマクロン氏への不満がある。

デモの参加者数と暴力の程度は全盛期から激減している。しかし、「第53幕」と銘打たれた16日のデモでは、パリ中心部で数か月ぶりとなる大規模な衝突が発生した。衝突の中心となったのはパリ南部のイタリー広場(Place d'Italie)で、石を投げたり、ごみ箱やひっくり返した車に火を放ったりしたデモ隊に、暴動鎮圧用の装備を身に着けた警官隊が催涙弾と放水銃を使用した。

警察は午後8時(日本時間17日午前4時)までにパリ一帯で147人を逮捕し、うち129人を勾留している。


《ネットでの反応》

ジョーカーの最後のシーンを思い出す
ジョーカー

ペニーワイズ?

ジョーカーやん

かっけえ

まだやっているだ

きしん(48×48)
「ジョーカーにまで成り切って・・・がんばってますねぇー。
作品に迷惑はかけないようにお願いしますよ」